Copyright ©humanband All Rights Reserved.

2014年3月11日
震災から3年目を迎えるにあたり、
日の出とともに、人々が手をつなぎ、祈り、
一緒に「ふるさと」を歌うことを通じて鎮魂と復興への誓いを胸に刻む
HUMANBAND on Route3.11を南三陸にて開催いたします。

日時:2014年3月11日(月) 朝5:00-6:30 ※日の出5:55予定
場所:民宿ながしず荘前
宮城県本吉郡南三陸町戸倉字長清水30-1
参加費:無料
注意:
・開催場所への移動は基本各自でご手配いただくようお願いいたします。
・車でお越しの際は民宿の周辺に駐車可能です。
・またご厚意で「ながしず荘」内での待機が可能です。


HUMANBAND on Route3.11 ヒューマンバンドオンルート3.11
www.humanband.jp


concept

2011年3月11日のあの日から、自分たちに出来ることは何か?
10年20年後の希望になるものは何か?とひたすら考え、
アイディアと関心と行動を持ち寄る人の輪ができました。
その中から生まれたのが、亡くなった人々を決して忘れず、いのちあることに感謝し、
復興への誓いを胸に刻むために、「手をつなぎ祈ろう」という呼びかけ。
まずは共感して意思表示をしてくれる一人ひとりの写真をつなげて、オンラインで手を
つなごうというサイトができました。
そして「毎年3月11日、被災地の海岸線で、日の出とともに人々手をつなぎ、祈り、
ふるさとを歌うこと」をきっかけに、人をつなげ、「点を線に、線を面に」しようと
「HUMANBAND on Route3.11」のプロジェクトによって、復興促進の役割を目指し
ました。すると2012年3月11日、実際に被災地5地点で3000人弱の方々が
参加するHUMANBAND on Route3.11が行われました。
そしてこの一年を通じて、この取り組みが、より「誰もが参加できるアクション」に
育っていくことの大事さに気づくと、自然と一緒にHUMANBNADしようという声が
あがりました。
いま、HUMANBAND は、手をつなぎあうというシンプルなアクションから、
真摯な想いを届け、力を合わせるきっかけを生むものに進化しています。



HUMANBAND
みんなで手をつなごう。
想いのつながりから生まれる、人のつながり。
いま、生きているということ。
それを確かめ合い、どこかの誰かを想うこと。
一人ひとりの想いが、あの空の向こうまで
届きますように。
みんなで手をつなごう。





history

2011年3月11日 東日本大震災発生。

震災後、10年20年の歳月をかけてでも、
祈りと感謝と、未来への想いを「カタチ」にしようというプロジェクトの集合体
POWER NEW TOHOKU が生まれ、分野・世代を超えた人々が集まる。


2011年6月
亡くなったひとびとを決して忘れず、いのちあることに感謝し、
復興への誓いを胸に刻むために、手をつなぎ祈ろうというプロジェクト
HUMANBANDが創案される。
同月、オンラインでの取り組み HUMANBAND on WEB が発信される。
両手をひろげて、目を閉じ、祈る写真が日本国内外から集められ、
作曲家・三枝成彰氏により提供いただいた楽曲「チェロのためのREQUIEM」
とともにサイト上に流れるアートウェブサイトのプロジェクトである。


2011年10月
HUMANBANDをリアルに企画するプロジェクトについて
キックオフイベントHUMANBAND Departureが開催される。
プロモーションムービーが公開され、各地での実行委員会発足が呼びかけられる。


2012年1月
南三陸・志津川での復興会議に、代表・亀井眞樹と呼びかけ人・奥田瑛二氏をはじめと
したプロジェクトメンバーが参加。
これをきっかけに奥田瑛二氏が映画を撮り始める。
「今日子と修一の場合」(2013年秋公開予定)


2012年3月11日
日の出とともに、人々が手をつなぎ、祈り、一緒に「ふるさと」を歌うことを通じて
鎮魂と復興への誓いを胸に刻もうと「 HUMANBAND on Route3.11」が
開催される。
青森県八戸、宮城県気仙沼、宮城県南三陸、福島県いわき市、千葉県銚子市
の5カ所で、計3000人弱の人々が参加。
NHK、日本テレビ、TBSほか多くのメディアで紹介され、海外からも取材される。

これをきっかけに各被災地に関わる人々の人的交流が始まる。


2012年11月3日
リドリー・スコット監督総指揮の映画「 JAPAN IN A DAY」が公開される。
本編、予告編、CM、パンフレットのすべてに千葉県銚子で行われたHUMANBAND on
Route3.11の映像を採用される。


2012年12月25日
東京へのオリンピック・パラリンピック誘致を目指し、
日本を元気づけるためのイベント「Cheer!NIPPON」において
会場の国立競技場と宮城県気仙沼をつなぎ、同時刻に手をつなぎ
想いを届け合う、HUMANBAND が行われる。


2013年3月11日
宮城県気仙沼市大川沿いにてHUMANBANDが行われる。


2014年
東日本大震災をきっかけとし、
東日本大震災で亡くなられた方々を忘れないことを出発点として、
始まったHUMANBAND。

震災から3年目を迎え、
”東日本大震災復興促進”という位置づけから一歩進化して、
『今後到来する未曾有の困難に対して、
たとえすべてが灰燼と帰しても、
そこから立ち上がることのできる人材育成』に特化していくことを決意する。
(主体をPOWER NEW TOHOKUから學藝院とする)


2014年3月11日
本プロジェクトに共感する有志によって
南三陸にて HUMANBANDが行われる予定。

HUMANBAND on Route3.11 ヒューマンバンド オンルート3.11
www.humanband.jp





join

参加に関する情報はFacebookページからご案内致します。